TOP
   マルウェアについて
   スパイウェアについて
   スパイウェア リサーチセンター
   ファイル交換ソフトについて
   AntiMalware v5 の概要
   動作環境
   サービスタイプ一覧
   導入事例
   評価版
   お申込み
   サポート
   お問合せ
   プライバシーポリシー

 導入事例
「スパイウェア、Winny対策で安心感が向上しました。」

 
東京外国語大学 事務局 (東京都府中市)
ウイルス・ワーム対策に加え、スパイウェアなどの不正プログラムや悪性コードに対しても早くから対策を実施されています。アークンとは、既に3年以上のお付き合い。

2005年12月からはAntiMalware-ASPをご利用いただいており、AntiMalware-ASPの使用感やセキュリティへの取り組みなど、担当者の企画広報課 情報係 萩原様(写真右)にお聞きしました。
弊社営業スタッフと事務局棟前で   

  • 導入に至る経緯 −スパイウェア対策に取組むようになったのはいつ頃からでしょうか?また、AntiMalwareシリーズの中でASP版を選ばれた理由は?

    1. もともと、御社が以前販売されていたPestPatrol 4.2 を2003年から導入していました。その後、御社が独自にスパイウェア対策製品、AntiMalwareを開発されたことを知り、昨年12月にAntiMalware-ASPへ切り替えました。Symantec Antivirus Corporate Editionと併用しています。ASP版は、インターネットに接続すればどこからでも操作できるのが良いですね。
          (※ アークンが2005/7/1まで販売していた海外製スパイウェア対策ソフト)



  • 3年前のPestPatrol 4.2導入時から現在まで、スパイウェアに対する御事務局のユーザ様の反応・認識はいかがですか?

    1. スタッフに対策説明を付けて導入周知を出しました。 当時、スタッフは漠然とですが、ウイルス以外にもいろんな脅威があるようだから スパイウェア対策も必要なんだという意識で、対策ソフト導入におけるコンセンサスは 問題なくとれました。

    2. 全学に情報サービスを提供する総合情報コラボレーションセンターのシステム更新が完了したところですが、AntiMalwareへの切替はまだ全PCには至っておらず、順次インストールし利用しています。インストール済みのクライアントユーザからスキャン時間/速度など、設定や動作についての質問他いろいろと声がかかるのは、スパイウェア対策の必要性を各自感じていることの表れだと思います。



  • AntiMalwareの導入前後で何か変化はありますか?また、AntiMalwareの使用感や導入して良かったことは?

    1. 安心感の向上はありますね。ただ、スパイウェアに対してなのか、ウイルス・ワームになのか、 情報漏えいに対してなのかなど、特定のセキュリティが強化されているという意識ではなく、様々なセキュリティ向上の手段の一つとして役立っているという見方です。

    2. どれだけ有難いソフトなのかは、ユーザとしては本当に痛い目にあわないと実感はないものでしょうが、 きちんと動いていてくれれば(感染などの問題が何も起こらないということが) 良いかなと思います。

    3. 管理者側の使用感としては、導入当初、管理者ポリシーとユーザポリシーを個別に設定することができず、不便さを感じていましたが、その後のバージョンアップにより、グループポリシー設定の機能が追加されたことで解決しました。使いやすくなりました。



  • 先日、Winny対応機能を追加しましたが、そのことについてどう思われますか?

    1. 是非対応して欲しいと思っていたので、大歓迎です。Winny使用禁止のアナウンスも検討中です。



  • 御校のセキュリティ方針をお聞かせください。

    1. 本学の情報セキュリティポリシーについては、情報セキュリティ委員会で、大枠の基本ポリシーおよび各所属(学生、職員、教員など)毎に適用される情報セキュリティ対策基準を定めています。さらに詳細なルールは整備中です。 本学のセキュリティポリシーは、人の行動を制限するルール的なものが中心で、対製品(機能)のポリシー照合(ポリシーで製品を限定しているわけではないので)、そういった意味では 対策製品の選択は柔軟に行えている状況です。
      情報総合コラボレーションセンターという組織で、教室や図書館などの学内の共用PC、サーバ、ネットワークの提供を行っていますが、それ以外に各部局・部署でもPCを導入・運用・管理しています。総合情報コラボレーションセンターのPCにはアンチウイルスソフトとフリーのアンチスパイウェアソフトをインストールしています。教員が各研究室で使用するPCには、大学がライセンス購入したSymantec Antivirus Corporate Editionが利用可能ですが、教員のPCのセキュリティ対策措置は現状ではばらつきがあると認識しています。組織間でのセキュリティ対策手段や利用しているツールなどに関して情報交換を行いながら、セキュリティ環境を整備していくこともよくあります。今後、学内全PCにスパイウェア対策は必要であると考えています。

    2. フリーツールと商用ツールの使い分けは、予算の絡みもありますが、製品サポートの有無は導入判断のポイントになりますね。

    3. 近々、CIOの設置を予定していて、そうなれば現状では組織ごとにばらばらである情報セキュリティ製品の導入など、トップダウンでセキュリティ対策が行われることになると思います。



  • AntiMalwareへのご要望など何かございますか?

    1. もっと、使ってみないとわからないですねー... これから全ライセンス導入していくと、何か出てくるかもしれませんが。



  • セキュリティ(製品、ベンダー)に求めることは?

    1. クライアントでボット(エージェントプログラム)が防げるようになるととても嬉しいです。是非お願いします。


    = = = かしこまりました。貴重なお話をありがとうございました。

(2006年4月取材)    



Copyright © 2008 Ahkun Co., Ltd. All Rights Reserved.